FAQ

WaiWai ARについてお問い合わせいただいた中で、特に件数の多いご質問とその答えを記載しています。

● マーカーを認識しやすくするため、作成に際しては以下の点にご留意ください。

  • 色の境界がはっきりしている
    色の濃淡で特徴点を捉えているため、濃淡が複数個所にはっきりとある場合、認識しやすくなります。
  • 中央に特徴がある
    画面中央から特徴点を捉えるため、中央に特徴点が多いと認識しやすくなります。
  • 枠で囲まれている
    外枠があるとマーカーの境目を認識しやすくなります。また、ユーザーの行動として、外枠がある方が枠内にマーカーを収めようとするため、余計な部分まで画面内に収めなくなり、認識しやすくなります。

● 以下のようなマーカーは認識がしづらくなります。

  • グラデーションがかかっている
    グラデーションがかかっている場合、その付近の濃淡の差が少なくなるため、特徴点が少なくなり認識しづらくなります。
  • 明暗がはっきりしない
    明暗がはっきりしない場合、グラデーションの場合と同様、その付近の濃淡の差が少なくなるため、特徴点が少なくなり認識しづらくなります。
    ※ ぼやけている画像も特徴点が捉えづらく認識しづらいマーカーとなります。
  • 一定のパターンを繰り返す
    格子状など、一定のパターンを繰り返す場合、似たような特徴点が多いため、正しい特徴点が捉えづらく認識しづらくなります。
  • 中央が空白
    画面中央から特徴点を捉えるため、中央に何もない場合、特徴点が捉えづらく認識しづらくなります。
  • 画質が粗い
    画質が粗い場合、濃淡の差をうまく認識できず、認識しづらくなります。
  • 誌面上のマーカー画像が小さい
    印刷した誌面に載っているマーカー画像が小さい場合、カメラが色の濃淡をうまく識別できず、認識しづらくなります。最低でも4cm×4cm以上での印刷をお願いします。
  • 余白が広い
    登録するマーカー周りを広く余白を取りますと、中央に特徴点はありますが、余白部分に特徴点がないため、全体的に特徴点が少なくなり、認識しづらくなります。また、認識できた場合でも、正確なトラッキング位置が掴めず、表示されるコンテンツが揺れる(ブレる)原因になることもございます。

可能ですが、いくつか注意する点があります。なおご利用の前に十分に検証を行ってください。

  • カメラの画角に入る大きさである事
  • 色合いが変わらない事
    ※ 登録したマーカー画像と設置した看板・パネル等に外部要因による差異(照明や紙質等)が無いようにしてください。
  • 天候等に左右されない事
    ※ 晴・曇・雨等で色合いが変わる場合は複数マーカーを登録してください。

カラーと白黒では特徴点が異なる場合があるため、反応しない恐れがあります。この問題を解決するためには、白黒の画像をマーカーとして追加登録してください。

当日の天候や時間帯により明暗の違いが発生するため、マーカーを屋外に設置することは推奨できません。
マーカーを屋外に設置する場合は、快晴 / 曇天 / 雨天時、朝 / 昼 / 夕方などのパターンのマーカーを追加登録することで認識率を上げることができますが、完全な動作を保障するものではありません。

近年のスマートデバイスは16:9の画面サイズが主流となっているため、16:9のサイズの画像をご利用いただければ、ほぼ全画面での表示が可能となります。
なおCOCOAR2アプリを再生させている端末のディスプレイサイズによっては全画面に表示されず、背景が映る場合があります。

複数の画像を登録した場合、一番最初に表示された画像の横幅に合わせてリサイズされます。そのため、縦向き・横向きが混ざったコンテンツの場合、極端に小さく表示されることがあります。
この問題を解決するためには、複数の画像を登録する際はすべての画像の向きとサイズを統一してください。